ジャンプした犬は風を感じた >

ジャンプした犬は風を感じた

ねえみんな、「味噌汁」について考えてみないかい?険しい顔するほど頭を抱え込む事って無い気がするんだ、「ハンバーグ」に関してはね。
写真

寒い日曜の午前に微笑んで

有名司会者が電撃引退したから、ニュースやらワイドショーで豊富にやっているが、とってもすごいですね。
次々と変わる日本の首相がどなたになるかっていう内容より報道でも順番が速かった。
どなたが日本の総理大臣になっても変化しないと思う人も大変いるし、それよりはよくテレビで見る大物が芸能界をびっくりするほど突然引退というのが影響がでそうなんですかね。

前のめりで泳ぐ君と濡れたTシャツ
暑い時期にあったことを特にしていないが、同僚と来週、コテージをかりて炭を使ってバーベキューをやる。
毎年の流れだけれど、たまには、息抜きになる。
男が二人なので、大変たくさん火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、重い物を運んだりが、女性だと苦手な人がまあまあいるので、頑張らないと。
だけれども、しかし必ずみんなでお酒を飲むからその時は、アルコールをほどほどにするように気をつけよう。

泣きながら吠える家族と擦り切れたミサンガ

久しく行ってなかった出張の際、初めて仕事で組んだAさんという男性は、怖そうな人だ。
一番初めに会った時以降無口で、個人的な会話は少ししか話す機会がなかった。
前回、ふとAさんの半袖になったうでをみて驚いた!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスが何連もつけられていたから。
ついつい、天然石好きなんですね!と話しかけてしまった。くらい。
そしたらAさんは得意げで、想像とはうらはらに可愛い顔で、種類別のストーンの名前語ってくれた。

雲の無い火曜の夕暮れはシャワーを
なにかしら贈り物を決定しなくてはと思っている。
記念日がもうすぐで、家内に喜んでもらえる贈り物を渡したいのだけれども、しかしものすごくいいおくりものが考え付かない。
嫁になんか欲しい物があればいいのだが、ほとんど、物欲が存在しないので、欲しい物が見当つかない。
ただし、ばれないように本人がもらって喜びそうなものを見つけてサプライズをしたい。

薄暗い祝日の明け方は想い出に浸る

歌舞伎町のキャバのお姉さんを見ていると、素晴らしいと思う。
というのは、しっかり手入れした見た目、会話の技術、そのための努力。
客に完全に勘違いをしてもらわないで、夢を与えていると思わせつつ、太客になってもらう。
たまには、もしかするとこのお姉さん、自分に気があるのかな?など思ってもらう。
バランスのとり方が、どんな仕事よりも難しそうだ。
それは置いといて、私は売れっ子のホステスさんたちの収入が凄く知りたい。

ゆったりと大声を出す彼と夕立
営業に行くと、一週間くらい帰れない場合もある。
その時は、頑張ってる感はありだけれど、とても緊張しているので、毎日3時間睡眠。
起きる時間のかなり前だと言うのに、眠いのに目が覚める習慣がある。
その代り、家に帰ってきたときのやりきった感は幸せだ。
思う存分豪遊するし、寝るし、食べたいものを食べる。

じめじめした仏滅の夜明けに昔を懐かしむ

驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房もないようなところだ。
なので、扇風機と冷たいペットボトルをそばに置いて仕事をする。
つい最近、扇風機をどかそうと考え、スイッチを付けたまま抱えてしまった。
その後、扇風機の回転がストップしたので「なんで?」と不思議に思い,手元を見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きを止めているのは、まさかの自分の親指だった。
恐る恐る抜くと、また扇風機は回り始め、指からは血が出てきた。
痛さも感じなかったが、気を付けたいと考えた。

余裕で踊る家族と履きつぶした靴
「嫌われ松の子一生」という題名のドラマが放送されていましたが、欠かさなかった人もいらっしゃったと思います。
私はというと、連ドラは見なかったけれど、中谷美紀さん主役で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが恵まれてるとは言えない環境にて生活しながらも、悲観的にはなりません。
周りから見ると、恵まれていないかもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
とても魅力を感じました。
私も幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくるといけない事のように感じる。
などという、訳の分からない状態だった当時の私は、観賞中、幸せな気分になりました。
とても、明るい映画なので、おすすめです。
キャストの、中谷美紀は、教師を演じても、風俗嬢でも、理容師でも、やっぱり綺麗でした。

ゆったりと踊るあの子と横殴りの雪

台湾出身のビビアン・スーは、美人で素敵な人だ。
もう30代終わりなんて、思えない。
昔見た番組で、今でも覚えているのが、ビビアンが、英語のみのインタビューにアンサーしていたすがた。
ちょうど学んでいる所のようだったけれど目を引くくらい熱心だった。
今となっては英語も日本語も、すっかりペラペラなんだろうなーと思う。
ビビアンの素晴らしさは目を見張る位深い。

気どりながら歌う子供と霧
8月に、宮崎に出張に出かけた。
日差しがかなり暑い!
綿のカットソーの上から、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツの背広はめちゃくちゃに。
宿にまでついて、ジャケットを石鹸で洗った。
次の日着るとその上着はラペンダーの香りが続いた。
ジャケットが汚くなるのではないかと気になったけれど、それでも洗った方が良いと心に決めていた。

メニュー

Copyright (c) 2015 ジャンプした犬は風を感じた All rights reserved.
▲ページの先頭へ