ジャンプした犬は風を感じた >

ジャンプした犬は風を感じた

君が考える「つむじ風」と、多くの人が想像する「起業家」は、もしかしたらまったく違うものかもしれない。そんなことを想像すると、ちょびっと不思議じゃない?
写真

騒がしく熱弁する姉妹と公園の噴水

人間のおおよそは水という調査もありますので、水分は一人の人間の基盤です。
水の補給を欠かすことなく、一人一人が活発で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく光の中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの時期、いつもはあまり出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関して敏感な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌の手入れは秋に出てくるという位なので、やっぱり気にかけてしまう部分ですね。
やはり、誰でも気にかけているのが水分摂取についてです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期ばかりは例外かもしれません。
なぜならば、たくさん汗をかいて、知らないうちに水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の体調も影響してきます。
ともすると、自分自身が気付かない間に軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるかもしれません。
暑さ真っ只中の水分補給は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても言い過ぎではないかもしれないです。
少し外へ出る時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったらとっても経済的です。
人間のおおよそは水という調査もありますので、水分は一人の人間の基盤です。
水の補給を欠かすことなく、一人一人が活発で楽しい季節を満喫したいものです。

曇っている日曜の夕方に座ったままで
辺ぴなところに住んでいると、インターネットでものが簡単に買えるようになったのが、たいそう便利だ。
それは、駐車場がある本屋が市内に2軒だけしかなくて、品ぞろえも悪いから、購入したいマンガも手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりインターネットで買う方がお手軽だ。
なぜならば、書店に行くのに車で30分以上かかるからとってもめんどくさい。
ネットショップに手慣れたら、なんでもインターネットで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は必ずオンラインショップ買いだ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

よく晴れた仏滅の夜明けにゆっくりと

暑い季節は生ビールが大変うまいけれど、このごろそんなには飲まなくなった。
30前は、いくらでも飲めたのに、年とともに翌朝にお酒が残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はものすごくあこがれ、行くのがたいそう楽しみだったけれど、会社のつきあいで嫌になるほど行って、自分のイメージの中では、今では、印象が悪い。
そうだけれども、取引会社との付き合いの関わりでとても久々にビアガーデンに行った。
とっても久しぶりにおいしかったのだけど、調子にのってとてもビールを飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

陽気に話す妹と気の抜けたコーラ
少年は真夜中の3時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って2週間くらい経った夏だった。
あまりの暑さに目が覚めてしまったのだ。
扇風機は生暖かい風を送るばかりで、全く涼しいとは思えない。

眠れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作り始めた。
冷蔵庫を漁り、野菜と肉を用意して、料理し始めた。
空が白んできた頃、台所からは、芳ばしいカレーの匂いがしてきた。

悲しそうに叫ぶ父さんとアスファルトの匂い

まだ行ったこともないロシアに、いつかは旅したいという夢がある。
英語の学習に飽き飽きした時、ロシア語の基礎を息抜きにやってみようと検討したことがある。
けれども、立ち読みしたロシア語のテキストだけで一瞬にして辞めた。
動詞の活用の種類が半端なく多かったのと、会話の巻き舌が多数。
観光目的でスピリタスとロシアの料理を目指して行こうと思う。

目を閉じてお喋りする子供と失くしたストラップ
作家、太宰治の斜陽、ファンの私は、静岡にある安田屋旅館に宿泊に行った。
一緒に本が割と好きな恋人。
その安田屋旅館は、太宰がこの小説の一部を考えるために滞在した旅館。
部屋を歩くと、ギシギシと、聞こえる。
向かったのは、彼が宿泊した二階の古びた部屋。
青々とした富士山が半分、顔を出していた。
目の前の海の海面にはいけすがあった。
このへんは足を運んだかいがある。

一生懸命泳ぐ父さんと月夜

息子がマルモダンスにはまっている。
私や妻は教えていないけれど、3歳だけれど頑張って踊っている。
映像の中でマルモの音が聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣く。
録画したものをつけてあげると止まることなくずーっと見ている。
親だから、テレビの映像を見続けるより絵本を見たり、おもちゃで遊んだりするほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私たちの為でもある。

気どりながらお喋りする父さんと濡れたTシャツ
ちょっとした出張で、日光市へ行くこととても多かった。
北関東地方に位置する日光は栃木県にあって、内陸県で、多くの山に囲まれている。
もちろん、寒い時期には雪景色になり、除雪車やチェーンなど必須だ。
秋になると、東北自動車道で2泊3日で行って、帰ってきてからまた2泊3日というスタイルがとても多く、雑誌などメディアで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い市だ。
ちょっとだけ紹介させてもらうと、ツーリストたちのメインはやっぱり日光東照宮。
歴史上欠かせない人物家康の眠る場所で、独特な様子に驚かされる。
また、山の奥にある日光湯元温泉。
硫黄泉で、乳白色で熱い湯。
この温泉を浴びると冷えも治ると思う。
東照宮が建てられた時は、日光湯元温泉を目指して湯治客が集まったようだ。
その様子は想像できる古い歴史を持つ栃木の日光。
温泉の紹介も一緒にツアーブックにたくさん載っているこちら日光市に、行ってみようと考えている。

風の強い休日の午前は料理を

ここ最近のネイルは、3Dアートなど、素晴らしく難しい技が使用されているようだ。
気持ち程サービスのある招待券をいただいたので行ってみた。
かなり、色や雰囲気に対して、悩んでしまうので、デザインを伝えるのに時間がかかった。
小指と薬指に、特別にネイルアートをしていただいて、とてもテンションが高くなれた。

笑顔でお喋りする父さんと紅葉の山
誕生日の記念に友達から貰ったこの香水、強いフローラルの匂いである。
合う香水をイメージして選んでくれたもので、大きくなくてリボンがついていて可愛い。
雰囲気もボトルもどんなに大げさに言っても華やかとはかけ離れた匂いだ。
店には多くのボトルが並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
大きさは本当に小型。
可愛くて重宝している。
外出するときだけでなく、働く時もバッグに、家で仕事をするときはそばに必ず置いている。
なので、手提げの中は、同じ香り。
いつでもつけているため、そうでないとき今日あの香りしないと気づかれる場合もたまに。
香水ショップでたくさんの匂いを試してみるのは好きなことだけど、この香りは今までの中で最高に気に入っている香りだ。

メニュー

Copyright (c) 2015 ジャンプした犬は風を感じた All rights reserved.
▲ページの先頭へ