ジャンプした犬は風を感じた >

ジャンプした犬は風を感じた

たとえば、何も知らない宇宙人に「事実」を説明するとしたら、どうやって言う?「感動」の目立つ特徴とか、いや、まずは地球や世界のことから説明するのかな。
写真

月が見える金曜の日没に目を閉じて

甘いおやつがすごく好きで、洋菓子やだんごなどをつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって自作するものが気を付けなければならなくなった。
私と妻が非常に楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに口にしたがることは当たり前なので子供も食べられるバウンドケーキを私がつくる。
自分は、チョコ系がめちゃめちゃ好きだけれども、しかし、子供にはチョコ系のスイーツなどはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖とバターを控えめに入れて混ぜて焼く。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雲の無い大安の日没に昔を思い出す
だいたい、業務や家の中の事に忙しく、なかなか空き時間が持てない。
隙間の時間が手に入っても、なぜか次やるべき仕事の予定など、何かしらの詳細が頭の隅にある。
それでも、一日時間ができると、とても喜ばしい。
さて、久しぶりの空いた時間をどうやって費やそうかと。
結局ほとんどが、あれしたい、これも、といった希望のみが重なり、全部は上手くいかない。
そして私はゆっくりペースなので、気付けば夜まで経過。
時は金なり、という言葉はまさに明瞭だと思う。

雪の降る土曜の夕暮れは昔を懐かしむ

昔、両親は、私の対人関係に対ししつこく積極性を求めてきた。
一般的から離れてはいけない、など。
凄く生きづらい時代だったと考える。
学校が終了すると、ほぼ毎日作り話をハキハキと両親に伝える。
そうすれば、安心したような顔を見せてくれる。
少し目立つと、おかしい。
そんなことだけ恐れていた学生時代の自分と母親。
悲しい話だと感じる。

雲の無い金曜の夜明けにシャワーを
関心は全然なかったけれど、スポーツもちょっとはやらなくてはと最近思った。
仕事内容が違くなったからか、このごろ、走ることがとっても減り、体脂肪が大変上がった。
また、30歳になったのもあるかもしれないけれど、横腹にぶよぶよと脂肪が醜くついていて、とてもみっともない。
多少でも、スポーツしないとだめだ。

天気の良い休日の日没にカクテルを

「とにかくこうで当たり前だ!」など、自分自身の価値観のみで他人を見極めるのは悪くはない。
と言いたいけれど、世の中には、人それぞれと言われるものが人間の周辺にまとわりついてくる。
この事を考えれば自信を持つのは必要だけど、あまりにも反論するのは不要かも?と思う。
まあ、これも一つの意見でしかないけれど。
つらい世の中になるかもしれない。

勢いで踊る姉妹と夕立
アンパンマンは、子供に気に入られる番組なのだけれどとっても暴力的のように見える。
内容の終わりは、アンパンチとばいきんまんを殴って解決する時が大変多いと感じる。
こどもたちにもものすごく悪影響だと私は思う。
ばいきんまんとその他が、あまりひどいことをしていない話の時でもぼこぼこにして解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見たら、やめろといいながらもう殴りかかっている。
理由を聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、殴って解決するからいつになっても改善されず、いつも同じ内容だ。
思うのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。

涼しい日曜の夜はひっそりと

切り絵や写真といった芸術が嫌いではないし、絵も苦手ではないのに、写真が非常に下手だ。
でも、過去に一丁前に、キャノンの一眼を持ってた時期もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
あまりにも視点が合ってなかったり、おかしな配置なので、カメラが説教してきそうだった。
それは置いておいても、写真や画像処理はやっぱりクールだと思う!

前のめりで踊る家族と夕焼け
昔から興味はあっても行ったことはないけれど、真っ暗な動物園は、夜に活動的な動物が非常に活発に動いていて見ていて満足できるらしい。
行ってみたかったけれど、真っ暗な動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもうちょっと理解できるようになったら見に行ってみようと思う。
もう少しだけわかるようになったら、必ず、子供も笑ってくれるだろうから。
ふだんの動物園と異質の空気を自分も家内も少しは味わってみたい。

よく晴れた大安の朝は昔を懐かしむ

エクセルシオールでもドトールでも、さまざまな場所で香り高いコーヒーを飲むことができる。
もちろん、オフィスでインスタントでもいいし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が好きなのがスタバだ。
全店禁煙と言うのは、煙の嫌いな私にはお気に入りだ。
おかげで、コーヒーの匂いを堪能できる。
金額も高いけれど、質のいい豆が使用されているのでコーヒー通には最高だ。
甘い物が好きなので来るたびにコーヒーとともに、ついついデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

そよ風の吹く平日の朝に座ったままで
離れた家元で暮らす嫁のお母さんも孫用だといって、とってもたくさん手作りのものを縫って送ってくれている。
ミッフィーがめっちゃ好みだと言ったら、伝えたキャラクターの生地で、ミシンで縫って作ってくれたが、生地の価格がすごく高額で驚いていた。
縫物用の布は横、縦、キャラクターものだと上、下も方向があり手間だそうだ。
さりとて、たくさん、裁縫してくれて、届けてくれた。
小さな孫はめちゃめちゃかわいいのだろう。

メニュー

Copyright (c) 2015 ジャンプした犬は風を感じた All rights reserved.
▲ページの先頭へ