ジャンプした犬は風を感じた >

ジャンプした犬は風を感じた

「策略」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるんだろう。今までしてきた経験や思い込みとかそんなのが、「豚汁」と結びついてしまうことも、往々にしてあるんじゃないかな。
写真

のめり込んでお喋りする兄弟とアスファルトの匂い

「富士には月見草がよく似合う」というよく知られる名言を表したのは作家の太宰だ。
太宰治は、バスで、御坂を通り、今の甲府へ行く途中だった。
そこでたまたま一緒になったおばあさんが、「月見草」とつぶやく。
その時、振り向いた彼の目に映ったのが、月見草、そして富士山であった。
富岳百景のこの話は、富士山を知るに欠かせないと思う。
他にも文芸に登場する、3776mの名山だ。
どの位置から見てもおんなじように綺麗な形をしているために、八面玲瓏と言うワードが似合っていると言われる。
なるほど、と思う。
私が大好きなのは、春の季節の富士山だ。

陽気に熱弁する姉ちゃんと紅葉の山
ネットニュースを閲覧するけど、新聞を見ることも前は好きだった。
現在は、0円で見れるネットニュースがたくさんあるので、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間でたくさんの量の内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になってしまうかもという話題がとても気になる。
債務不履行になるわけないと普通思うけれど、仮にデフォルトになったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

気どりながら叫ぶ友人と横殴りの雪

とっても甘いおやつが好みで、甘いケーキなどをつくります。
普通に手動で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、このごろ、ホームベーカリーで作成してみた、大変簡単でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
砂糖やバターが控えめでもニンジンや野菜自体の甘味があるので、喜んで食べてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて言葉もテレビで言っているから一般的だけれど、しかし、学生の頃は、お菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、そういった男性が増えたよねと言われたりします。

蒸し暑い仏滅の晩に微笑んで
今日の夕食は一家そろって外で食べる事になっているので、少年はウキウキワクワクしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと想像していた。
カレーやハンバーグ、餃子や春巻き、などなど、メニュー表には何が載っているのかと想像していた。
場所はこの前オープンした和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、もうじきお店の駐車場に着く頃だ。
お母さんは助手席から外の花や木を指差している。
お姉ちゃんは少年の隣で、手鏡で前髪をチェックしている。
少年は車から降りると、ドキドキしながら入り口を開いて家族を待った。

汗をたらして叫ぶあの子とわたし

お願いされて、山のモウソウダケの間伐をお手伝いしていたが、竹がめちゃめちゃ密集していて厳しかった。
竹林の持ち主が山の管理を父親から引き継いで、モウソウダケが密になっていて、伐採しづらかったらしい。
私たちは、仕事で用いる新しい竹が手に入れたかったので、もらえることになり、ちょうど良かったが、うじゃうじゃ竹が生えた山から運び出すのもつらかった。

薄暗い週末の早朝にお菓子作り
ビールなど、お酒のおつまみには、カロリーが低く健康に良い物を!と思っている。
ここ最近のお気に入りだったのは、ニンニク。
その前はマグロ。
それにも飽きて、直近ではウナギだけれど、お金がかさむのでそれも辞めた。
そして、新しいメニューを発見した。
買い物に行けば80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、オリーブオイルで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し味付た物。
大分料金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

悲しそうに口笛を吹く子供と夕焼け

私は肌がまったく強くないので、すぐトラブルが起きる。
それもあるし、ボディーシャワーの肌にこびりつく感じが気に入らない。
しかしながら、寒い季節は凄くぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていない化粧水を使う事にしている。
愛用中の品のガッカリな部分は、料金がものすごく高く、買うのに勇気がいるところだ。

凍えそうな平日の夕方にお酒を
やり始めたら、ものにするまでに時間を要するものが、世界には数多くある。
すぐにあげられるのが、外国の言葉だと思っている。
実は、韓国語だけは例外的で、母国語である日本語と語順が同じ、SVOで、なんと発音も似ているので、身になりやすいそうだ。
3年くらい韓国語を勉強した友人の明日香は、今から始めても早く身に付きやすいので良いと思うよ、とのこと。
そうと聞いたら憧れたけれど独特な文字は記号にしか思えない。

曇っている火曜の明け方はお酒を

最近、番組で、マックチキンの食感をまねたものといって紹介していました。
大変味わえそうだと思って、妻に作ってもらいましたが、マックチキンの食感では残念ながらないけれど味わい深かったです。
周りがわずかに違ったのだけれど、中は、同じチキンなので、俺の舌では、ちょっとの異なるところはわからなくてたいそうおいしかったです。

雹が降った大安の昼は食事を
盆が間近になって、「とうろう」などのイベントが付近で行われている。
近所のイベント会場では、竹やすだれで作られたとうろうが並べられていた。
近所の観光施設では、夜分には電気の照明はついてなくて、とうろうの光だけなのは、大変心地よかった。
竹や和紙の中でろうそくが光っていて、マイルドな灯りになっていた。
やさしい光が周辺の樹々を照射していて非常に心地よかった。

メニュー

Copyright (c) 2015 ジャンプした犬は風を感じた All rights reserved.
▲ページの先頭へ